明治26年創業サンコー鞄株式会社が運営するオンラインショップ
営業日正午までのご注文は当日発送!スーツケース送料無料 | お問合せ
検索

よくあるご質問

ご購入後(アフターサービスなど)

Q.補償制度はありますか?

A.弊社製品には電化製品や時計のようなご購入後の無償修理補償はございません。

これは、スーツケースの使用目的が特殊であるという理由でございます。
)寨茵▲后璽張院璽垢呂肝更圓覆匹任翰用者様本人の手を離れ、他人によって扱われるものであるということ。
⊂弖發ら中身を守る箱という特殊な製品であるということ。

航空会社に預けている時に発生した割れなどの故障は、
旅行保険や航空会社によって対応されます。

また、長期使用により摩耗した部品のお取り換え等は、時計のベルトや電池と交換するのと同様に、有償となります。
予めご理解・ご了承ください。

【例外】
ご利用中に発生した故障が初期不良または構造上の欠如であることが判明した場合は、
当然、責任をもって弊社にて無償で修理または部品交換などの対応をさせていただきます。


Q.旅行中、空港で預けた荷物が壊れていました。

A,飛行機を降りてターンテーブルで荷物を受け取った後、
必ず「空港ゲートを出る前に」以下の不具合が無いかチェックし、
不具合を発見された場合、その場で空港職員にお申し出ください。

※空港ゲートを出ると破損クレームを受け付けない場合がほとんどです。

【チェックすべき箇所】
(1) ボディにキズやへこみがないこと
(2) キャスターが滑らかに回転すること
(3) 縫い目のほつれがないこと
(4) フレームのゆがみがないこと
(5) ロックが正確に正しく開錠、施錠できること
(6) キャリーバーが正しく伸び縮みすること

Q.TSAロックなのに鍵が壊されていました。

A.
TSAロックは、世界中どこでも施錠したまま荷物を預ける事ができる唯一の鍵です。
そうでないロックは検査のために壊されてしまうことがありますが、
TSAロックなのに壊されていた場合・・・

スーツケースの中に紙があるかどうかご確認ください。
「英文の紙が入っていた場合」→
TSAが検査したという証明書になります。TSAロックでありながら検査によって開けられた場合は
無償にて修理が可能です。

「紙が入っていなかった場合」→
残念ながら、TSAではない別の誰かが開けたということになります。
その場合は鍵の修理は有償になります。

スーツケースは普通のバッグではありません。
投げられたり転がされたり下敷きになったりしながら
あなたの荷物を守ります。
時々スーツケースの状態をチェック頂き、
故障はないか、変わったところはないか見てあげてください。
そうすれば、何十年も一緒に旅する事も十分可能です。

Q.不良かどうか判断できません。

A.
■ボディ表面に筋状の引っかき傷があった
接着剤の糸の可能性があります。湿らせた布で落とすことができます。

■内装の幕が接着されておらず、たるんでいる
そのような設計です。浮かしばり構造といいます。 詳しく「浮かし張りとは?」をお読みください。

■内装の奥についている、タテのファスナーの引き手がない。もしくは、逆さについている
メンテナンスパーツになりますので、引き手はありません。ファスナーは開けないでください。

■キャリーバーの段階調節がうまくできない
一旦一番上まであげてから、好きな高さに下ろします。
引き出しながらの調節は、構造上スムーズにできません。

■鍵をしめにくい
かばんは、横向きに置いた状態で開け閉めしてください。

■鍵が開かない
一部のダイヤル式ロックのスーツケースは、施錠した状態でお届けする場合があります。
どうやって開けるの?!と思ったら、まずダイヤルナンバー付近にスライドできるものが無いか探してみてください。(よく見ると矢印がついていることが多いです)

(例)


※もしご不安な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Q.修理をお願いしたいのですがどうすればいいですか?

修理については、アフターサービスのページをご覧ください

Q.鍵を失くしてしまいました。スペアキーを購入することはできますか?

スペアキーについては、こちらよりご購入ください。

Q.スーツケースのパーツのみ購入できますか?

A.基本的にはパーツでのみのご購入はお断りしております。
設置するのに特殊な道具を使用する必要がある場合があるためです。
ただし、ご購入が可能なものもございますので、一度お問い合わせください。

Q.スーツケースのお手入れのポイントはありますか?

A.サンコー鞄の修理担当から、ご家庭でできる簡単で効果的なメンテナンスをご紹介します。
スーツケースはお手入れ次第で寿命が大きく変わります。

【キャスターのお手入れ】
いちばん負担がかかる「キャスター」はお手入れが重要なパーツです。
使用前、使用後など気がついたときに、オイルを駆動部分にさしてあげましょう。
お勧めは、ミシン用のシリコンオイル。
自転車のギアなどにさす油は、かばんを汚してしまうおそれがあります。
  
ミシン用のシリコンオイルはホームセンターなどで1000円以下で購入できます。
窓のサッシにさすとすべりがよくなったりと、ほかの用途にも使えるので、ぜひお試しください。


【本体のお手入れ】
布でできているソフトキャリーは、基本的に撥水効果を持たせてつくられています。
(特に効果の高いものは、テフロン加工と明記しています。それ以外は普通の撥水加工になります。)
しかし、時間が経つと少しずつ効果は弱くなります。その場合は、市販の防水スプレーをかけると、
撥水効果が戻ります。
  
ハードケースの汚れは、消しゴムで消える場合があります。
黒い汚れは特に消える可能性が高いです。
真っ白のスーツケースが汚れてしまったら、ぜひお試しください。